Keywords & Numbers

みずほリースを知る 
9つのキーワード

みずほリースの魅力をグラフィックで表現してみました。
あなたの“気になる”はいくつありますか? 気になるところをTOUCHしてみてください。
“気になる”が、“気に入る!”にきっとなるはず!

KEYWORD 01

38%[営業資産残高伸び率]

2018年3月の営業資産残高は16,830億円、2021年3月の営業資産残高は23,224億円。伸び率はなんと38%に及んでいます。先の見えにくい社会情勢の中でも確実なご提案を確実にお客様にお届けする。みずほリースの誠実な姿勢がこの数字にも現れています。

KEYWORD 07

インフラから、ベンチャーまで。

エネルギー産業や基盤産業を支える施設・機械など、社会インフラの構築からグローバル、医療ヘルスケア産業、そしてみずほキャピタルと連携したスタートアップ企業や成長企業のベンチャー支援まで。まさに、“リースが扱えない分野はない”自由度の高さがみずほリースの大きな魅力です。

KEYWORD 03

“One” Mizuho[みずほグループの潜在力]

みずほ銀行の強みは国内外最大級の顧客基盤と信託・証券などを含めたグループ連携力。みずほリースの強みはモノに対する知見と商流に関する深い理解、そしてそれに基づくソリューション提供力です。その2つの強みを融合することにより、グループ一体となりビジネスを推進していきます。

KEYWORD 04

6/∞[6つの注力分野]

現在、みずほリースが特に力を注いでいるのは「医療・ヘルスケア」「不動産」「環境・エネルギー」「グローバル」「航空機」「テクノロジー」の6分野。どれも時代が求める分野です。しかしリースビジネスには無限大の世界が拡がっています。あなたならどんな分野を切り拓けるか。一緒に考えてみませんか。

KEYWORD 05

1:1[新卒採用における男女比]

2019年から2021年の新卒入社数は、男性37名に対して女性37名とまったく同数!つまり男性1:1女性なのです。 性別に関係なく、優秀な人材を求めて育てる。みずほリースならではの“人への思い”がこのようなところにも表れているのですね。

KEYWORD 06

352[教育研修プログラム数]

みずほリースはとにかく教育研修制度が豊富。研修だけでも総合職・業務職合わせて45のプログラム、eラーニングや通信教育を合わせるとなんと352ものプログラムが用意されています。「学び」、「活躍」、「飛躍」、それぞれのフェーズに合わせて多彩に展開、あなたの成長をバックアップしていきます。
(2021年12月末現在)

KEYWORD 02

3C × Collaborate[私たちの行動指針]

従来のみずほリースの行動指針は3つのC(Challenge・Change・Create)。でも一人の力、一社の力だけでは実現できないものもあります。そこで新たに大切にしているものがCollaborate。「つなげる」ことで仕事も、そして社会もどんどん広がっていく。それが私たちみずほリースの使命です。

KEYWORD 08

782名 × 18,488社[単体従業員数×お客様数]

みずほリースが評される際、よく耳にする言葉が“少数精鋭”です。それを一番表しているのがこの数字。単体従業員数782名に対してお客様数はなんと18,488社。ひとりで、チームで、会社全体でお客様に対応し、問題を解決していく。それが成長、そしてやりがいにつながっていくと私たちは考えています。
(2021年12月末現在)

KEYWORD 09

バランスの良いポートフォリオ

グローバル展開やM&Aの積極的な活用により事業領域を拡大、現在も成長を続けているみずほリース。時代の変化を見据えて取り扱う機種の範囲を広げることにより、バランスの取れたポートフォリオの構築を実現しています。

Recommend Contents